出会い系のメッセージは何を送ればいい?最初が重要!成功の秘訣とは | ガチアダルトナビ
まだ風俗で消耗してるの?今の時代はタダマンですよ⇒

出会い系のメッセージは何を送ればいい?最初が重要!成功の秘訣とは

出会い系サイト

特に出会い系サイト初心者の方にとって、一番最初に送るメッセージは悩みどころかもしれません。

とにかく最初のメッセージが肝心なんです。

今回は、最初のメッセージを送るコツや返信率を上げる方法など、詳しくまとめてみました。

出会い系のサイト初心者の方はもちろん、既に登録はしているものの、なかなか返信がもらえずに苦戦している方も、参考にしていただけると幸いです!

ファーストインプレッションは最重要 

対面で初めて会う時も、ファーストインプレッションはとても重要ですよね。

ましてや顔が見えないやり取りともなると、表情で好意を伝えることもできません。

人間の本能として、最初の摂食で好きか嫌いかを判断する性質もあります。

最初に良い印象を残せないと、その後の巻き返しもかなり難しくなるでしょう。

そして、数あるアプローチの中から自分に興味を持ってもらうためにも、ファーストインプレッションは大事にしてください。

ここで成功するか否かによって、本当に出会えるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

 

最初のメッセージで良い印象を与えるコツ

ファーストインプレッションの重要性を踏まえた上で、良い印象を与えるコツについて学んでいきましょう。

どれも重要なポイントなので、全て実験できるようにしてください。

これらのコツを自分のものにできれば、出会いのチャンスもどんどん広がっていくはずです。

 

・必ず挨拶からはじめる

実際に会ったことがない人だからこそ、より丁寧なメッセージを作ることが大切です。

「お疲れ様です」、「こんにちは」、「はじめまして」といった基本的な挨拶は必ず入れるようにしましょう。

本題に入る前の冒頭に入れるようにしてください。

いきなり本題に入ると、それだけで礼儀がなっていない人という印象を持たれてしまいます。

 

・自分から名乗る

気に入った相手のことは、色々と知りたくなりますよね。

相手のことを知りたいのであれば、まずは自分から名乗ることも大切です。

名乗っておけば、相手の警戒心も少しは軽減されます。

初めてのやり取りだからこそ、自己紹介を兼ねたメッセージは必要不可欠です。

 

・タメ口NG!仲良くなるまでは敬語で

相手のことを下に見ているというよりは、親しみを込める意味で、いきなりタメ口で話す人も少なくありません。

ビジネスではないので、ある程度のラフさは許容範囲ではあるものの、会ったこともないような相手にいきなりタメ口でメッセージを送るのは、あまりにも失礼です。

仲良くなってきたら、タメ口に変えるのもアリですが、最初は丁寧な言葉を使うようにしてください。

知らない人からのメッセージがタメ口だと、印象はかなり悪くなってしまいます。

 

・いきなりLINEを聞かない

男性はメッセージを送るのにもお金がかかってしまうので、早くLINE交換をしたいという気持ちもよく分かります。

しかし、会ったこともないような人からいきなりLINE交換を提案されても、警戒されるだけです。

何度もメッセージのやり取りを重ねて、親しくなってきたと感じることができたら、そのタイミングで聞くようにきましょう。

いきなり聞いても、LINE交換ができないだけではなく、返信さえもないかもしれません。

最初のコンタクトだからこそ、慎重に対応するようにしてください。

 

・メッセージを送った理由を伝える 

女性側から見れば、たくさんいる会員の中から何故自分にメッセージを送ったのかというのは、とても気になるポイントです。

きちんと理由を伝えることで、他の人ではダメなことが伝わります。

相手の女性に自分は特別なんだということが伝われば、返信率もグッとアップします。

共通の趣味があったりと、相手のプロフィールに合わせた理由を付けてみてください。

相手の気に入ったところがあれば、褒めてあげるのも効果的です。

 

返信率アップの秘訣とメッセージを続ける方法

せっかく送ったメッセージに返信がないとけっこうヘコんでしまうものです。

悲しい思いをしないためにも、返信率アップの秘訣を実践し、メッセージのラリーが続くように頑張ってみてください。

そのコツについて5つ挙げてみました。

 

・長文は避ける

メッセージは、なるべく簡潔に長くならないように気を付けましょう。

長くなってしまうと、相手が読むのも疲れてしまいます。

また、自分もそれくらいの長文を求められているのかもしれないとも思われかねません。

色々と伝えたい思いもたくさんあるかもしれませんが、長文を続けても返信率はアップしないでしょう。

相手に合わせた対応を心がけてみてください。

 

・相手の生活リズム・状況に合わせてメッセージを送る

相手の生活リズムや状況に合わせてメッセージを送ると、返信率が格段に上がります。

仕事が忙しい時期や忙しい時間帯に送っても、そのまま返信がないこともあるでしょう。

土日休みの仕事をしている人には、土日を狙って送ってみると良いですよ。

残業がある場合も、仕事が終わる時間帯に合わせてメッセージを送ると、きちんと返事を送ってくれる確率が高くなります。

自分の都合ばかりを押し付けるのではなく、相手のことを思いやる気持ちを常に忘れないでください。

ある程度仲良くなれた時思ったタイミングで、連絡するのに都合の良い時間帯をさりげなく聞いてみるのも良いかもしれません。

 

・相手のいいところを褒めてみる

プロフィールから分かる情報や、やり取りをしたメッセージなどから、褒めるポイントを見つけてみてください。

ただ単に褒めるのではなく、理由も付け加えておくと、相手に対して本当に褒めていることが伝わります。

いいところを具体的に褒められたら、誰でも嬉しい気持ちになりますよね。

相手のいいところを褒めることで、グッと距離が縮まることもあります。

不自然にならない流れで、褒めてみましょう。

 

・相手のプロフィールはチェックしておく

プロフィールは、情報の宝庫です。

プロフィールの中には、褒めるべきポイントや共通の趣味、住んでいる地域が近いかどうかなど、様々な情報がたくさんあります。

また、世代が分かるだけでも、その当時流行ったドラマや音楽などの話題で盛り上がることもできるでしょう。

住んでいる地域が近いなら、美味しいお店の話を切り口にして、最終的にはデートにも誘いやすくなるかもしれません。

 

・答えやすい簡単な質問で終わる

メッセージのやり取りを続ける上で大事なのが、質問をするということ。

質問をを入れることで、返信をもらえる確率が上がります。

ここで注意すべきなのが、質問の内容です。

これまでに何人と付き合ったとか、自宅の最寄駅、働いている場所など、答えにくい質問は避けましょう。

そのまま無視されてしまう確率の方が高くなります。

趣味の話など、相手が答えやすい質問を投げかけて終わるのがベストです。

その質問に答えるために、きっと返信してくれるはずですよ。

 

メッセージが終わってしまうNG内容

メッセージを続ける方法とは反対に、メッセージが終わってしまうNGO内容も多数あります。

避けた方が良いメッセージの内容をしっかりと把握し、絶対に使わないようにしてください。

6つのNG内容を詳しく解説します。

 

・最初からタメ口(馴れ馴れしい)

会ったこともない人に対して、最初からタメ口なのは失礼です。

親しみを込めてタメ口にしていたとしても、ほとんどの人が馴れ馴れしいと思うでしょう。

慣れてきたらタメ口にシフトすれば良いですが、最初はきちんと敬語を使うようにしてください。

第一印象はとても重要なので、最初に悪い印象を持たれてしまうと、そこから脱却するのは至難の業です。

やりとりが続くようになったら自然と少しずつ敬語をやめていって、デートまでこぎつけて実際に顔を合わせて会えるようになってからの方がタイミングとしてはおすすめですよ。

 

・信頼関係を築く前に会いたがる(下心まるだし)

出会い系サイトの中には、本気の恋愛や結婚相手探しというよりも、割り切った大人の関係目的や不倫目的のものもあります。

しかし、そういったサイトであったとしても、すぐに会おうとしないようにしましょう。

会うことしか考えていないことを伝えてしまうと、相手にとっては下心まるだしとしか思えません。

たとえセフレ関係が目的だったとしても、メッセージのやり取りはある程度必要です。

会う約束を取り付けるのは、信頼関係を築くことができてからにしましょう。

焦ってしまうと、相手が引いて会えなくなる可能性が高くなってしまいます。

何度かメッセージのやり取りを経て、手応えを感じることができたら、それがお誘いのタイミングです。

 

・早い段階でLINEや電話番号などを聞く

男性はメッセージや画像、動画などを送るのに、いちいちお金がかかってしまいます。

節約のためにもLINEや電話番号交換を急ぎたい気持ちも分かりますが、早い段階で提案してしまうのは、NGです。

女性は出会い系サイトは基本的に無料のところばかりなので、自分の情報を教えるメリットはほぼないんです。

男性側の都合だけで交換を迫ってしまうと、不信感を持たれてしまう可能性が高くなります。

仲良くなってからであれば受け入れてもらえるかもしれませんが、少なくとも早い段階では避けた方が賢明です。

 

・自分の話ばかりする

自分のことを知ってもらうために、自分の話をするのはコミュニケーションの一環として間違いではありません。

しかし、自分の話ばかりするとなると話は違います。

自分の話もしながら相手のことも聞き出したり、相手の話を聞く側になったりということも、コミュニケーションにおいては必要なことです。

きちんと言葉のキャッチボールができているか、客観的に見る姿勢も大切にしましょう。

 

・短文すぎる&長文すぎる

長過ぎる文面は相手がうんざりしてしまう可能性があります。

だからと言って短過ぎるのもNGです。

色々な人に同じメッセージを送っているとも思われかねませんし、さほど興味が無いのに連絡をしているとも取られかねません。

メッセージの分量は、長過ぎず短過ぎず、適度であることを心がけるようにしましょう。

 

・堅すぎる文章

最初はタメ口ではなく丁寧な言葉遣いを意識した方が良いですが、だからと言ってあまりにも堅すぎる文章も良くありません。

いずれかは会ってデートしようと思っている相手に対して、ラフ過ぎるのも失礼ですが、あまりにも堅すぎると、それはそれで敬遠される恐れがあります。

丁寧な言葉遣いは意識しつつ、堅くなりすぎないような文面を考えるようにしましょう。

 

1通目のメッセージで良い印象を与えるのが重要

出会い系サイトにおいて、1通目のメッセージはかなり重要です。

ファーストインプレッションで良い印象を与えられるかどうかが、今後の運命を左右すると言っても過言ではありません。

そのことを意識することが、成功へとつながるでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました